過去の浮気調査をすることは可能なのか

過去にパートナーが浮気をして、反省していたので一緒に暮らし始めた方は多いと思います。
しかし、まったく何も問題がなく暮らせるわけではありません。
ふとした瞬間に当時のことが頭を過ぎってしまったり、残業で遅くなると言われても疑ってしまったり。
もしかして、まだ続いているのかもしれないなど、浮気をされた側からしてみれば、とても苦しい日々が続きます。
このような場合に、過去の浮気調査は可能なのでしょうか。
ただし浮気調査をして証拠を掴みたいのであれば、頭の中に入れておきたいことがあります。
それは浮気が発覚してから3年間が問題となってきます。
過去の浮気相手に対する慰謝料請求は3年を超えた場合には、請求が行えません。
パートナーの場合では、過去の浮気発覚時点から離婚は可能ですが、実際に現在は不貞行為をしていなかった場合には慰謝料の請求自体にはあまり期待をすることはできません。
精神的な苦痛の中で暮らしてきたこと等を理由にして離婚することは可能となってきます。
そして養育費や財産分与の面では考慮される場合もあります。
このようなことから、過去の浮気で再度調査をする場合には、離婚を認められる突破口にはなりうることもありますが、慰謝料の請求は3年を超えた場合にはできないと考えておきましょう。

浮気調査

浮気調査

Copyright© 浮気調査 All Rights Reserved.